ほくろ治療を受ける上で知っておくべきこと

ほくろ治療の費用について

ドクター

病院での治療には、保険が適用できる保険治療と、適用されない自由診療の2種類があります。保険が適用されれば患者が支払う治療費は請求額の3割負担となるので、大きく治療費を浮かせられます。これは皮膚科でのほくろの除去治療においても同じで、医師の判断で保険適用と自由診療となるほくろ治療のどちらかが選択されます。

結果から言うと、特殊なケースで無い限りほくろ治療は保険治療が適用されます。なぜかというと、保険治療となるのはそのほくろが悪性であると判断された場合のみだからです。そのため、大手を含む多くの皮膚科・美容外科などがほくろ治療に保険適用を取り付けています。ただ美容目的であっても治療費はそこまで高価に設定されていないので、敷居が高い治療、と捉える必要は無いでしょう。キャンペーンや期間限定のサービスなどを利用することで、本来の治療費より安い額で治療を受けられることもあります。これらのことを考えれば、保険診療にこだわる必要は特に無いと言えるかもしれません。

ほくろ治療にかかる費用は治療費だけではありません。治療費以外だと、薬代や診療費などの費用が発生します。薬代は治療法によって若干の違いこそあるものの、1,000円前後と考えてよいでしょう。診療費は初診料に3,000円ほどかかり、2回目の診療に関しては治療法によって違ってきます。請求されて初めて総額を知る…という状況にならないよう、通院毎に事前に医師に具体的な総額を確認するようにしましょう。

ピーリングという治療法

婦人

ほくろ治療の方法はいくつもありますが、その1つにピーリングという治療法があります。ピーリングは薬剤を使ってほくろの除去を図る方法となっており、他の除去治療には無い特徴を持っています。

詳細へ

CO2レーザーの効果

診察

CO2レーザーはほくろの除去治療法の1つですが、盛り上がりのあるほくろに対して高い効果を発揮する治療法として知られています。正しいケア方法を守れば、ほくろ跡を綺麗になくすことができます。実に優れたほくろ治療法なのです。

詳細へ

治療費の決め方について

悩む人

皮膚科で受けられるあらゆる治療には、それぞれ治療費が設定されています。ほくろ治療も例外ではありません。ほくろ治療に関しては、ほくろの大きさで決める場合と治療法別に決めている場合の2種類の決め方があります。

詳細へ

ほくろ以外にも効果アリ

女の人

CO2 レーザーはほくろ、いぼ、シミ、ニキビやニキビ跡など、様々な肌トラブルに効果を与える治療法です。特殊なレーザーの力で肌トラブルの改善をしてくれると同時に、正しいケア方法で跡の無い綺麗な肌を作り上げてくれます。

詳細へ

リスクやケアについて

ウーマン

ほくろ治療を受けた後、患部を中心に何らかの肌トラブルが発生することがあります。それを防ぐためには、施術を受ける皮膚科選びを慎重に行ったり、ケアを徹底したりといったことが大事になってきます。

詳細へ

To Top